2020年4月

最新情報

8件中3件を表示しています。このページは1/3ページです。
月間アーカイブ:2020年4月

社会保険労務士(周南市)の情報発信:雇用調整助成金

銀改087号をお届けします。

 景気変動、産業構造の変化等の経済上の理由から、事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、雇用労働者の維持を図るために休業・教育訓練(研修)・出向を実施せざるを得ないことがあります。
 雇用保険二事業(失業の予防、雇用機会の増大、労働者の能力開発等に資する雇用対策)に充てるため、事業主から保険料を負担いただいており、この財源を使って前記の場合に雇用調整助成金が受けられます。
 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえて、令和2年1月24日以降の休業等には特例措置が講じられており、その内容をまとめています。
 主な内容は次のとおりです。
1 非日常的なこと
2 事業活動の縮小
3 雇用調整助成金の支給要件
4 支給対象となる休業
5 新型コロナウイルス感染症の影響による特例措置
6 更なる特例
7 最も大事なこと
ダウンロードはこちらです。

更新日:2020-04-30 20:20
カテゴリー:お知らせ

滞納処分の解説書:登録国債の差押え

徴収奥義366号(徴収関係顧問契約・購読契約受付中)
目次の更新をしました。

 現在の国債の決済制度としては、99.9%以上が国債振替決済制度のもとで行われています。したがって、登録国債を差押えする可能性は極めて低くなっていますが、紙媒体の国債証券から国債振替決済制度の流れを知っておくことは、幅広い理解に役立ちます。
 主な内容は次のとおりです。
1 国債の意義
2 登録国債
3 証券のペーパーレス化
4 登録国債の差押え
5 振替国債と振替社債等
6 添付資料
 ⑴ 利付国庫債券の例
 ⑵ 戦没者遺族への特別弔慰金国庫債券の発行交付・償還手続の概要

「滞納処分の解説書:登録国債の差押え」関連画像

更新日:2020-04-27 9:34
カテゴリー:お知らせ

社会保険労務士(周南市)の情報発信:ヒューマンエラーの防止その2

労務管理・年金要点解説062号 顧問契約先様限定情報です。

 人間の記憶に着目したヒューマンエラーの防止策の内容です。深く理解した事項(長期記憶)は身に沁みついて容易く剥がれ落ちませんし、問題解決に役立ちます。
 一方で、簡単なことほどなおざりになりがちで、わかっちゃいるけど忙しさにかまけて、ついつい先送りや放置することになってしまいます。したがって、重要な事項は、掘り下げ、時間をかけて心底理解することが大事となり、簡単なことは毎日確認行為を繰り返すことが必要となります。
 また、長期記憶といったところで、人間の記憶とは実にいい加減なもので、これに頼ることは危険です。
 感覚的には、記憶が最優先される判断・行動ことになりかねず、見える化を図ったうえで長期記憶を活用することが必要となるとの提言をしています。

更新日:2020-04-24 20:28
カテゴリー:お知らせ
前のページ