公租公課徴収業務

公租公課徴収業務

公租公課徴収業務
銀座社会保険労務士法人では、社会保険労務士業以外にもう一つの事業として公租公課徴収指導者事業を行っております。
公租公課の徴収業務(滞納処分)は、徴収関係の法律を知ることは当然、民法とその判例を理解していることが不可決であり、幅が広く、かつ、底の深い専門分野です。そして、この業務では、差押え、捜索、公売、裁判(訴訟)の4分野を担当することが理想です。
公租公課徴収業務
徴収業務における努力は、公的職場の財源確保策でどんな施策もこれを抜きにはできず、反面、そのことは注目されにくく、専門性が高いこともあって、組織内において相談できる者がいないという悩みを抱えています。
公租公課徴収に関する相談・指導、研修講師の受託を行っています。是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

公租公課徴収業務

滞納処分研修講師を受託

1.滞納処分研修講師を受託

実務経験を交えての実務・法令・判例解説
1時間3万円(遠隔地では旅費及び日当別途)

滞納処分では、差押え、捜索、公売、訴訟の4つの経験をした者こそが経験豊富な指導者といえます。これらをいずれも経験した指導者として、書物では語れない経験談や、長年研究してきた蓄積成果による解説を行います。解説は、対話方式を重視した手法による解説としています。
徴収奥義

3.滞納処分解説書「徴収奥義」販売

国税徴収法・国税通則法等の逐条解説を毎月2回発行しています。
(現在、国税徴収法の逐条解説が進行中)
詳細はこちら
徴収奥義について
徴収奥義
について
徴収奥義

自治体の徴収職員の方は必読!

社会保険庁・日本年金機構に勤務し、厚生年金保険料・健康保険料等の徴収担当・管理者として通算して31年近くの経験があります。「徴収奥義」には、この実務経験を踏まえての体験記や図解入りの判例解説が充実しており、他にはみられない構成です。全国的に珍しい活動で必ず徴収職員の資質向上に繋がるものと考えております。

徴収奥義
現在、定期購読の申込みを受け付けております。詳しくはこちらのページをご覧ください。