業務案内

業務案内

社会保険労務士とは

社会保険労務士
例えば、弁護士は裁判に関すること、税理士は税金に関すること、司法書士は登記に関することが仕事です。では、社会保険労務士(社労士)とは、どんな仕事だと想像されますか。前記の士業と同じく、社会保険労務士法に基づいた国家資格者です。
その仕事を一言でいうと、「企業と人を守る」ことです。
企業は人なりと申します。企業の事業継続とその成長には、人が欠かせません。もちろん、資金や設備が必要とされてますが、まずは、元気な人、優秀な人が必要です。
社会保険労務士

社会保険労務士は、企業の発展と人が元気で働くことを目的として、業務を行っております。具体的な業務は、次のとおりであり、これら業務に関して社会保険労務士をご活用ください。労務管理などが違法であり、また、ハラスメントが発生する職場では、企業も人も不幸です。企業と人が生き生きと輝く環境づくりの支援をしています。

労務相談

1.労務相談

労働時間管理、就業規則作成と改正、雇用環境整備、高年齢者雇用制度構築、時間外労働抑制及び割増賃金支払い、パワハラ・セクハラ等の防止体制構築
詳細はこちら
働き方改革支援業務

2.働き方改革支援業務

働き方改革関連法の成立に伴い、労働環境が大きく変わります。長時間労働の是正、職場環境改善支援業務と積極的なご提案をいたします。
詳細はこちら
ROBINS

3.ROBINS

ROBINSロゴデザインa
経営労務診断を行い、信頼性の高い「企業情報データベース」サイバー法人台帳ROBINSへの情報提供をお手伝いします。
詳細はこちら
助成金申請

4.助成金申請

多種多様な助成金の中から企業経営に合致したものをご提案し、その煩雑な手続きを代行します。
詳細はこちら
社会保険・労働保険相談とその手続き

5.社会保険・労働保険相談とその手続き

労働者採用、退職等における社会保険・労働保険の手続きとご相談は、ぜひ専門家にご依頼ください。
詳細はこちら
給与計算業務

6.給与計算業務

給与計算で苦労されていませんか? 給与計算を委託することにより、多くのメリットがあります。
詳細はこちら
研修業務

7.研修業務

企業や地域で年金・労務管理に関する各種研修の講師を担当します。
詳細はこちら
確定拠出年金

9.確定拠出年金

企業の福利厚生として確定拠出年金を導入することで人材確保・定着に繋がります。
詳細はこちら
年金裁定請求手続き

10.年金裁定請求手続き

年金の実務家として老齢年金・障害年金・遺族年金裁定請求手続き受託
詳細はこちら
情報発信

11.図書刊行・情報発信

働き方改革や年金、公租公課徴収関係の図書刊行や情報発信

公租公課徴収業務
銀座社会保険労務士法人では、社会保険労務士業以外にもう一つの事業として公租公課徴収指導者事業を行っております。
公租公課の徴収業務(滞納処分)は、徴収関係の法律を知ることは当然、民法とその判例を理解していることが不可決であり、幅が広く、かつ、底の深い専門分野です。そして、この業務では、差押え、捜索、公売、裁判(訴訟)の4分野を担当することが理想です。
公租公課徴収業務
徴収業務における努力は、公的職場の財源確保策でどんな施策もこれを抜きにはできず、反面、そのことは注目されにくく、専門性が高いこともあって、組織内において相談できる者がいないという悩みを抱えています。
公租公課徴収に関する相談・指導、研修講師の受託を行っています。是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

公租公課徴収業務

滞納処分研修講師を受託

1.滞納処分研修講師を受託

実務経験を交えての実務・法令・判例解説
1時間3万円(遠隔地では旅費及び日当別途)

滞納処分では、差押え、捜索、公売、訴訟の4つの経験をした者こそが経験豊富な指導者といえます。これらをいずれも経験した指導者として、書物では語れない経験談や、長年研究してきた蓄積成果による解説を行います。解説は、対話方式を重視した手法による解説としています。
徴収奥義

3.滞納処分解説書「徴収奥義」販売

国税徴収法・国税通則法等の逐条解説を毎月2回発行しています。
(現在、国税徴収法の逐条解説が進行中)
詳細はこちら
徴収奥義について
徴収奥義
について
徴収奥義

自治体の徴収職員の方は必読!

社会保険庁・日本年金機構に勤務し、厚生年金保険料・健康保険料等の徴収担当・管理者として通算して31年近くの経験があります。「徴収奥義」には、この経験を踏まえての体験記や図解入りの判例解説が充実しており、他にはみられない構成です。全国的に珍しい活動で必ず徴収職員の資質向上に繋がるものと考えております。

徴収奥義
現在、定期購読の申込みを受け付けております。詳しくはこちらのページをご覧ください。