最新情報

最新情報

329件中3件を表示しています。このページは1/110ページです。

滞納処分の解説書 :所有権留保の性質と自動車の差押え

 判例付きでどこよりも詳しい解説書
 徴収奥義402号(徴収関係顧問契約・購読契約受付中)
 目次を更新しました。
 自動車は、滞納処分の対象財産として有力です。それを現金で購入する者は少ないので、いきおい所有権留保が多くなってきます。
 そこには論点が沢山あり、実務に対応するときは、所有権留保の制度を知っておくことが前提となってきます。今号では、対抗要件など前号からの復習を兼ねつつ、所有権留保の被担保債権の範囲、所有権留保の担保権実行により生ずる清算金の差押えについて解説しています。
 重要な判例も掲載して資料価値が高まる工夫をしており、判例自体は事件の考察という観点からも意義深いです。
 主な内容は次のとおりです。
1 所有権留保としての担保権実行
2 自動車の所有権留保の意義
3 自動車所有権と対抗要件
4 自動車の所有権留保と対抗要件
5 所有権留保者の被担保債権の範囲
6 清算金の差押え
7 参考資料
 掲載判例は次のとおりです。
最三判昭57.3.30(民集36-3-484)
最一判昭49.7.18(民集28-5-743)
最二判平22.6.4(民集64-4-1107)
東京地判昭46.6.25(下民集32-1~4-158)
東京地判平16.4.13(金法1727-108)

「滞納処分の解説書 :所有権留保の性質と自動車の差押え」関連画像

更新日:2021-10-25 9:48
カテゴリー:徴収奥義

社会保険労務士(周南市)の情報発信 : 内定の取消し

 労務管理・年金要点解説110号顧問契約先様限定情報です。
 目次を更新しました。
 前号まで公正な選考採用として、採用面接の解説を中心に行ってきました。
 今号は、採用内定したところ、何らかの事情でこれを取り消ししたいというときにどうしたらよいかということの解説です。
 採用内定の意義、内定取消しの意義、内定取消しができる条件(要件)、一方的に取消しするのではなく、内定取消しの合意を図るといった解説になっています。
 事実上、解雇が相当か否かとの解説にもなっております。
 主な内容は次のとおりです。
1 採用内定の意義
2 内定取消しの意義
3 合理的で社会的に相当
4 内定取消し
5 中途採用の内定取消し
6 解雇・内定取消し
7 内定取消しが認められる場合
8 内定取消しの合意
9 従業員への手紙(第10号)(労働条件の向上)

更新日:2021-10-25 9:33
カテゴリー:労務管理

社会保険労務士(周南市)の情報発信 :標準報酬月額の随時改定 その2

 銀年138号をお届けします。
 今号も引き続き、標準報酬月額の随時改定についての解説です。
 標準報酬月額には、上限と下限とがあり、かつ、健康保険・厚生年金保険とでこれが異なりますのでやや複雑となります。
 随時改定の要件の一つは、従前標準報酬月額と2等級以上の差が生じることであり、上限・下限の標準報酬月額に該当する場合(その近くを含む)に2等級以上となる事例をわかりやすく解説しています。
 その他、注意事項を数点並べて解説していますので、ご一読ください。
 主な内容は次のとおりです。
1 標準報酬等級の上限・下限者の特例
2 差額支給があった場合
3 一時帰休による休業手当を受ける場合
4 昇給・昇進が続いた(段階的に2等級上がった)場合
5 届出は速やかに
ダウンロードはこちらです。

更新日:2021-10-21 8:40
カテゴリー:銀改・銀年
前のページ