銀座社会保険労務士法人 公租公課徴収指導
Ginza Social Insurance Labor Consultant Corporation
公租公課徴収指導

メニュー表示

〒745-0031 山口県周南市銀南街21銀南ビル2階

Tel.0834-34-0567

最新情報

148件中3件を表示しています。このページは13/50ページです。

有限責任事業組合(LLP)の組合員の持分

判例付きでどこよりも詳しい解説書 
徴収奥義429号(徴収関係顧問契約・購読契約受付中)
今号は、有限責任事業組合の解説となります。
民法上の組合は、世の中で重要とされており、有限責任事業組合(LLP)は、その特例という位置付けの団体です。民法上の組合と株式会社のいいところどりによって、会社でも組合でもない新しい事業体となっています。
比較的新しい制度で、かつ、一種の創業支援であることから、これから段々と増加することが想定されます。そういった観点で判例も一つ掲載しております。
そして、この団体が滞納者となること、第三債務者となることがありますので、知っておくべき事項です。
徴収法基本通達の中では、非常に限られた解説しかされておりませんので、本誌が参考となります。
別紙1を含めて添付資料を3点用意しており、別冊2点(経済産業省作成)は必要に応じてご覧ください。

主な内容1.有限責任事業組合(LLP)
2.有限責任と無限責任
3.内部自治
4.構成員課税
5.LLPの設立
6.LLPの登記の意味
7.LLPの責任
8.LLPの組合員の持分
9.残余財産分配請求権等の取立て
10.利益分配請求権の差押え
11.添付資料
12.参考資料
掲載判例東京地判令4.2.25(令和2年(ワ)第2646号)
有限責任事業組合(LLP)の組合員の持分関連画像
  • 更新時間
  • 2022-12-12 10:31
  • ブックマークに追加
  • 追加する
  • LINEに送る

債権の差押え(原因関係のない預金債権)その3

判例付きでどこよりも詳しい解説書 
徴収奥義428号(徴収関係顧問契約・購読契約受付中)
無体財産権等の解説を一時中断し、誤振込み事案の解説を行ってきました(426号、427号)。
換言すると、原因関係のない振込みによる預金債権ということになります。
今号は、原因関係のない振込みによる預金債権ではあるものの、誤振込みではない事案を取り上げております。
預金通帳を盗取し、この預金をだまし取る組織的な犯行があり、だまし取られた預金者が銀行に払戻請求を行った事案です。事件として興味深いものがあります。
また、下級審ながら、原因関係のない預金債権を銀行が相殺したときの判例も取り上げております。

主な内容1.誤振込み以外で原因関係が存在しない預金債権
2.本件事案の結末
3.二重取り問題
4.本件事案による預金債権差押えの成否
5.被仕向銀行の相殺
6.参考資料
掲載判例最二判平20.10.10(民集62-9-2361)
東京高判平18.10.18(民集62-9-2407、判時1952-96)
東京地判平17.12.16(民集62-9-2393、金法1814-49)
東京地判平17.9.26(判時1934-61,判タ1198-214)
名古屋高判平17.3.17(金法745-34,金商1214-19)
債権の差押え(原因関係のない預金債権)その3関連画像
  • 更新時間
  • 2022-11-25 11:16
  • ブックマークに追加
  • 追加する
  • LINEに送る

債権の差押え(原因関係のない預金債権)その2

判例付きでどこよりも詳しい解説書 
徴収奥義427号(徴収関係顧問契約・購読契約受付中)
前号では、誤振込による預金債権について、これを差押えした場合の解説でした。
今号は、その第2弾で、誤振込による預金債権を受取人が自ら引き出した場合に詐欺罪となることの最高裁判例から、滞納処分による差押えについ考察したものです。
興味深く、更に預金債権の帰属認定まで幅を広げての解説となっております。判例を幅広く収集・考察することでいざというときに対応が可能となります。

主な内容1.阿武町誤振込事件
2.欺罔行為
3.電誤振込みによる預金の認識とその払戻し
4.組戻しの意義
5.平成15年判決の解説
6.平成8年判決との整合性
7.平成15年判決の滞納処分への影響
8.滞納者から預金債権差押えの要請がある場合
9.誤振込みによる預金債権を払戻請求していた場合
10.預金債権の帰属認定
11.参考資料
掲載判例最二決平15.3.12(刑集57-3-322)
大阪高判平10.3.18(刑集57-3-353)
大阪地判堺平9.10.27(刑集57-3-351)
最二判昭39.1.24(判時365-26)
最二判昭29.11.5(刑集8-11-1675)
最二判平15.2.21(民集57-2-95、金法1677-57)
債権の差押え(原因関係のない預金債権)その2関連画像
  • 更新時間
  • 2022-11-10 9:33
  • ブックマークに追加
  • 追加する
  • LINEに送る
メニュー表示
メニュー閉じる

お電話でのお問合せ

電話

0834-34-0567

受付時間:8:30~17:30 土・日曜、祝日休み
(予約により対応)

メールでのお問合せ

メール

フォームはこちら

お気軽にご利用ください。
当法人は、その事業において個人情報保護の重要性を認識し、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律、その他関係法令を遵守し、個人情報の安全管理に努めます。詳しくは「個人情報保護方針」をご覧下さい。