2019年9月

最新情報

9件中3件を表示しています。このページは1/3ページです。
月間アーカイブ:2019年9月

社会保険労務士(周南市)の情報発信:日本一高い年金受給

銀年067号をお届けします。目次の更新をしました。
 
 令和元年9月18日山口市の放送大学にて、ムーブマン・ネオの収録があり出演しました。
 この番組は、大学生・高専生を中心に山口県を“面白く”“楽しく”することに全力を注ぎ、県内の隅っこでもくすっと笑顔に出来るようなアイディアを出し合う山口県愛に溢れた、山口県活性化策です。インターネット及び放映にてご覧ください(本件公開は11月からです)
≪https://mouvement-neo.jp/≫
 この中での当方の題材は、日本一高い年金受給者の県にするとの内容です。改めて、銀年067号をご覧ください。
 主な内容は次のとおりです。
1 ムーブマンネオ収録
2 出演者・収録内容紹介
3 日本一高い年金受給者県
4 図(フリップ)の意味
5 高い年金受給のためには
ダウンロードはこちらです。

更新日:2019-09-30 11:54
カテゴリー:お知らせ

社会保険労務士(周南市)の情報発信:賃金体系を考える

労務管理・年金要点解説042号 顧問契約先様限定情報です。
目次の更新をしました。

 景気が比較的堅調に推移しており、大企業が採用数を増加させていること、若年層が減少していることから、人手不足が深刻です。
 しかし、人手不足と嘆いてばかりではなく、他社企業と差別化を図るなどその対策を講じることが必要です。まずは、人材定着率を高めること、そのためには人材育成策を講じるべきですし、また、遣り甲斐が感じらえる企業であるべきです。遣り甲斐が感じらえる企業とするための施策には、各種ありますところ、その一つとして賃金体系を整備することが重要です。賃金体系整備は、働き方改革における同一労働同一賃金にも通じる事項です。
主な内容は次のとおりです。
1 人手不足
2 賃金体系の整備
3 賃金体系の基本
4 賃金体系構築による効果
5 人材確保策

更新日:2019-09-24 17:36
カテゴリー:お知らせ

滞納処分の実務書:差押えする債権の範囲

徴収奥義352号(徴収関係顧問契約・購読契約受付中)
前記契約者様には、今月刊行の自治体徴収職員のための債権差押えの実務を贈呈いたします。
「滞納処分の実務書:差押えする債権の範囲」関連画像
目次の更新をしました。
 全額差押え及び継続的な収入に対する差押えの効力について解説をしています。
 後半部分では、社会保険労務士としての見地からの解説を行っております。
 主な内容と掲載判例は次のとおりです。
1 意外な結果・結末
2 全額差押え
3 継続的な収入に対する差押えの効力
4 診療報酬債権に対する差押えの沿革
5 継続収入における差押え
6 給料債権における差押えの効力
7 高年齢者雇用における差押えの効力
⑴ 最三決平17.12.6(民集59-10-2629、金法1769-39)
⑵ 最二判昭53.12.15(集民125-839、判時916-25)
⑶ 札幌高決昭60.1.16(判タ586-82)
⑷ 最三判平11.1.29(民集53-1-151)
⑸ 最二判昭55.1.18(集民129-37、判タ409-77、判時956-59)
 
「滞納処分の実務書:差押えする債権の範囲」関連画像

更新日:2019-09-24 17:17
カテゴリー:お知らせ
前のページ