2020年7月

最新情報

8件中3件を表示しています。このページは1/3ページです。
月間アーカイブ:2020年7月

社会保険労務士(周南市)の情報発信:公的年金制度から人生を考える

銀年095号をお届けします。

 当職の体験から公的年金制度がもたらす恩恵などについて書いてみました。ご一読いただき考えていただくと幸いです。
 主な内容は次のとおりです。
1 突然の入居
2 突然の事故
3 貰えるわけがない
4 国家と国民
5 社会への貢献
6 反権力
7 誰かのせい
ダウンロードはこちらです。

更新日:2020-07-30 19:46
カテゴリー:お知らせ

滞納処分の解説書:抵当権等により担保される債権の差押

徴収奥義372号(徴収関係顧問契約・購読契約受付中)
目次の更新をしました。

 今号の内容(徴収法第64条)は、よくある実務とは言い難い内容です。しかし、担保権の理解にはとても役立つ内容となっています。
 本誌では、民法が基礎、それを前提として徴収法の理解が成立するとの精神から、民法の解説に力を入れています。本条の意味を理解することはとても大切で、解説を2回に分けることにし、今号では、抵当権の意義等について解説しています。
 主な内容は次のとおりです。
1 基礎の理解
2 「又は」と「若しくは」
3 「及び」と「並びに」
4 抵当権により担保される債権
5 質権
6 質権の対抗要件
7 先取特権
8 第64条適用の場面
9 物上代位の意義

「滞納処分の解説書:抵当権等により担保される債権の差押」関連画像

更新日:2020-07-27 9:50
カテゴリー:お知らせ

社会保険労務士(周南市)の情報発信:退職の手続き

労務管理・年金要点解説070号 顧問契約先様限定情報です。

 従業員が突如、退職の申し出をする、無断欠勤をする、場合によっては解雇せざるを得ないことが発生します。
 悪くすると、裁判を覚悟しないといけない事態があり、そのときに法廷で争われると負けると予想されるならば、示談金を支払いせざるを得ないことになるでしょう。本当は、手続きを的確にしていればそんなことはないのにです。
 退職など、人事関係の対応は口頭ではなく、書面で対応しておくべきです。そうすれば、そもそも事件にもならないわけです。今回、某企業にて無断欠勤事案が発生したことから、それを事例として対応方法を紹介します。
 主な内容は次のとおりです。
1 無断欠勤発生
2 書面による通知
3 対応方針
4 退職
5 解雇
6 様式の活用

更新日:2020-07-22 17:22
カテゴリー:お知らせ
前のページ