2020年3月

最新情報

8件中3件を表示しています。このページは1/3ページです。
月間アーカイブ:2020年3月

社会保険労務士(周南市)の情報発信:保険料率と拠出金率

銀年084号をお届けします

 スターウオーズには及びませんが、昔、昔、事業所が納付すべきものは、健康保険料と厚生年金保険料の二つでした。
 その後、児童手当制度が創設され、「子ども・子育て拠出金」と名称が変わりました。また、平成12年から介護保険料が徴収されることになりました。
 事業主は、被保険者に対する直接的な負担にとどまらず、市町村が受け取る介護保険料、社会保険制度ではなく、実質的には税金に近い子ども・子育て拠出金を負担しています。
 4月分及び5月分からのこれら保険料率・拠出金率について解説します。
 主な内容は次のとおりです。
1 事業所が負担する保険料等
2 介護保険料についてちょっと一言
3 保険料率の改正
4 保険料控除の方法
5 保険料控除を当月にできる場合
6 子ども・子育て拠出金
7 保険料額の簡易な計算
ダウンロードはこちらです。

更新日:2020-03-30 8:32
カテゴリー:お知らせ

滞納処分の解説書:同時履行の抗弁権・選択権

徴収奥義364号(徴収関係顧問契約・購読契約受付中)
目次の更新をしました。

 債権の差押えにおいて、第三債務者が同時履行の抗弁権を有する場合(民法第533条)又は第三債務者若しくは第三者が選択権を有する場合(同法第406条から第411条まで参照)には、差押後であっても、これらの権利を行使することができる(徴収法基本通達62-34)。
 そもそも「同時履行の抗弁権」「選択権」が何かを知らないと現実に滞納処分を執行することはできない。この両者の理解が滞納処分執行上、直接的に問題となることは多くないが、知っておくべきことである。
 本号では、同時履行の抗弁権、選択権について考察し、そのうえで滞納処分の執行について解説をしている。
 主な内容は次のとおり。
1 民法の理解に基づくこと
2 選択権の意義
3 任意債権
4 同時履行の抗弁権の意義
5 同時履行の抗弁権の要件
6 売買契約における先履行
7 不安の抗弁権
8 契約の解除
9 債権差押え
10 物の引渡請求権の差押え
掲載判例
東京地判平2.12.20(判時1389-79)
最一判昭36.6.22(民集15-6-1651)
大阪高判昭35.1.16(民集15-6-1622)

「滞納処分の解説書:同時履行の抗弁権・選択権」関連画像

更新日:2020-03-25 8:23
カテゴリー:お知らせ

社会保険労務士(周南市)の情報発信:型コロナウイル感染症による小学校休業等対応助成金

労務管理・年金要点解説059号 顧問契約先様限定情報です。

 本号は、057号の続報版となります。前記時点では、標記助成金の内容が不透明でしたが、申請段階まで厚生労働省より公表されました。具体的な中身は、厚生労働省HPによることとしていただき、本誌では、注意事項等について解説いたします。
 主な内容は次のとおりです。
1 休業等
2 有給休暇の意義
3 支給要件
4 支給される金額
5 支給申請期限
6 支給申請先(山口県の法人の場合)
7 必要書類
8 注意事項
9 厚生労働省HP

更新日:2020-03-25 8:12
カテゴリー:お知らせ
前のページ