8ページ目

最新情報

166件中3件を表示しています。このページは8/56ページです。

滞納処分の実務書:相殺

徴収奥義354号(徴収関係顧問契約・購読契約受付中)
目次の更新をしました。
 徴収職員の知識の中でも高度で、かつ、最重要の部類に入る相殺の解説です。分量が多く、数回に分けて解説します。
 まずは、基礎的事項と預金債権を差し押さえしたときの一般的な内容についてです。
 9月刊行図書である「自治体徴収職員のための債権差押えの実務」が昨年刊行の供託解説書と並んで、渋谷ジュンク堂書店に陳列されている写真を表紙としています。書店に行かれたときは、ご覧になってください。
 主な内容は次のとおりです。
1 相殺という定型句
2 相殺制度を知らない同士
3 預金債権差押えと相殺の構図
4 相殺用語
5 相殺制度の存在意義
6 相殺できる場合
7 銀行の預金債権差押えにおける相殺
8 制限説の解釈
9 無制限説の解釈
10 預金に係る相殺の整理
11 相殺できない場合・できる場合
12 反対債権があるときの預金債権差押え
掲載判例
大判昭9.9.15(民集13-1-839)
最大判昭39.12.23(民集18-10-2217)
最大判昭45.6.24(民集4-6-587、訟務16-8-830、判時595-29)

「滞納処分の実務書:相殺」関連画像

更新日:2019-10-25 16:29
カテゴリー:お知らせ

社会保険労務士(周南市)の情報発信:始末書

労務管理、年金要点解説045号 顧問契約先様限定情報です。
目次の更新をしました。

 始末書とは、よく聞かれる言葉で、就業規則にも規定されていることが一般的です。
 しかしながら、その運用はあやふやなものになっていることがあります。形式が決まっているのではありませんが、不始末・事故の発生事実、その理由と謝罪・反省内容を書かせるべきです。これらを口頭ですることも多いところ、重大案件や真に謝罪・反省を求めるときは、文書とすべきです。
 主な内容は次のとおりです。
1 始末書とその記憶
2 始末書の記載内容
3 就業規則
4 懲戒処分と始末書
5 顛末書

更新日:2019-10-25 16:09
カテゴリー:お知らせ

書店陳列:自治体徴収職員のための債権差押えの実務など

 吉国刊行図書が陳列されている様子について、知人から情報提供がありました。この情報提供に対して、心より御礼申し上げます。
 感慨深いものがあります。
写真上段:渋谷ジュンク堂書店(令和元年10月19日)
写真下段:新宿紀伊国屋書店(令和元年10月20日)

「書店陳列:自治体徴収職員のための債権差押えの実務など」関連画像
「書店陳列:自治体徴収職員のための債権差押えの実務など」関連画像
「書店陳列:自治体徴収職員のための債権差押えの実務など」関連画像
「書店陳列:自治体徴収職員のための債権差押えの実務など」関連画像
「書店陳列:自治体徴収職員のための債権差押えの実務など」関連画像

更新日:2019-10-24 18:00
カテゴリー:トピックス